2015 2月   
トップ へ
 NQ-1
 
 2月の秋田、長続きしない晴れの天気、久しぶりに出かけました。
手前のユズリハはフラッシュ撮影です。
 
 NQ-2
 
 涸れることのない、凍ることのない地下水です。

 
 NQ-3
 NQ-4
 
 真っ青な空、まもなく春の訪れを感じます。期待します。残念ながら、この青空の数日後、大寒波襲来で猛吹雪でした。


 
 NQ-5
 
 雪面の木の陰は柿の木です。しばらく朱色の柿の実がたくさんあったけど、野鳥のムクドリによって全部食べられました。


 
 NQ-5
 
 猛吹雪から数日、おだやかな日が続き、我が家の周辺は、ほとんど雪がなくなりました。
早朝の曇り空から徐々に雲が解消され、青空が西から覆ってきました。
 
 雲が解消され、久しぶりの鳥海山です。

 
 NQ-6
 
 雲が解消され、くっきり見えていた鳥海山上空に雲が広がり始めました。幸い、頂上を覆うことはありませんでした。

 
 NQ-7
 
 上空の風が強いのか、西から雲が流れてきます。
 
NQ-8 
 NQ-9
 NQ-10
 
 主役の茅葺き民家が遠く、さらに背景の里山の雪が溶けて、主役がよくわかりません。

 刻々と変わる雪の造形がおもしろく、時間を追って撮りました。数十枚のうちの3枚です。
空を翔る「魔女の宅急便」のようです?

 
 NQ-11
 
 立春が過ぎて、春の訪れを探しました。雪解けの土手でようやく見つけたフキノトウです。
雪解けまもないため、まだ蕾です。

 
 
トップ へ