2016 1月  
トップ へ
   PD-1
 
2016年のスタート。今年こそは、今年もホームページを閉じようと決心しながら、ずるずる14年目に入りました。

 上の写真は、勾玉(マガタマ)と大珠(タイシュ)です。2015年、私が作りました。
本格的に作り始めて、まだ2年目。私の写真より、翡翠工芸の方が難しい技術です。
材質は、新潟県糸魚川産の翡翠(ヒスイ)石です。ヒスイの原石を糸魚川から買ってきて、さらに工具類まで揃えて
作った勾玉と大珠です。

 秋田県内の縄文遺跡からは、新潟糸魚川産の翡翠(ヒスイ)原石から作った勾玉や大珠(タイシュ)が出土します。
秋田県内、地域が片寄ることなく、至る所で発掘されています。
縄文中期以降数千年の歴史を持つヒスイ文化の証しです。遠く糸魚川と交易のあった証しです。縄文のロマンです。
大珠や勾玉は縄文時代より「聖なる石」として崇められ、また「魔除けの石」「幸福を呼ぶ石」とも言われています。
現代のパワーストーンです。
(2015年1月筆)
 
   PD-2
 
 正月のしめ飾りなどといっしょに飾るユズリハです。里山の杉林などの下に自生しています。
今年も1月からアップすることができました。

 
   PD-3
   PD-4
 
 全天が青空になることを願いながら待つこと一時間余り、陽が差すタイミングを狙ってなんとか撮りました。

 
   PD-5
   PD-6
  
 白一色の冬景色の中に彩りを添える赤い実は、???です。確かウメモドキかな?

 
   PD-7
  
 予報に晴れはありませんでした。吹雪もありの予報でした。
午前10時頃から雲の切れ間から陽差しが差し込んで、徐々に厚い雲が解消され、青空が全天を覆いました。
晴れ間のチャンスを逃したら、いつ晴れるかわかりません。

 急いで準備して出かけました。
ようやく着いた撮影スポット、雲の造形が???何かに見えます。飛び跳ねているワンちゃんに見えます。
ワンちゃんに見えたのは、わずか1~2分の間でした。風が強く、刻々と雲の形が変わりました。

 
   PD-8
   PD-9
  
 青空にこだわり、やっと撮れました。なんとか撮れました。
大きな波風と、小さな波風、屋根の波風が異なる民家です。
職人の個性でしょうか?創建当時のまま引き継がれてきた造形です。

 
  
トップ へ