2017 3月   
 トップ へ
   PR-1
 
 金比羅大権現の石碑が半分まで埋まっています。まだ、雪が1m以上あります。
山間地のこの地域は、道路こそ除雪されていますが、その周辺は1m前後の積雪があります。

 
   PR-2
 
 今年、葺く予定の茅を暴風雪、寒さを防ぐため、家の回りを囲んでいます。

 
   PR-3
   PR-4
 
 3月に入って、久しぶりに終日快晴の天気でした。昨日も晴れて、里山周辺の木々から雪が落ちました。
木々の雪化粧が落ちました。杉林が黒っぽく写り、写真が暗い感じになります。それを打ち消してくれるのが晴れの天気です。
真っ青な青空と、明るく照らす日光です。

 
   PR-5
 
 田んぼの上です。雪で長靴が埋まると思い、カンジキを準備していました。昨日も晴れて、日中溶けた雪が夜間に
凍り、表面は堅雪で、カンジキを履く必要がありません。
手前が真っ白でおもしろみがないので、カンジキを写真の手前に入れました。

 
   PR-6
 
  カンジキのところから続く足跡、獣の足跡です。何の動物かわかりません。

 
   PR-7
   PR-8
 
 屋根の雪で、薪ストーブの煙が白くてよくわかりません。方向を変えて撮ると、ようやく薪ストーブの煙が見えました。

 
   PR-9
   PR-10
 
 こちらもカンジキのところから続く獣の足跡です。夜行性の動物でしょうか?
昼間、行動すると、天敵の人間?の他、鳥海山に生息するイヌワシの絶好の餌になります。
実際に、生息しているかはわかりません。生息していると言われています。

 
 
 トップ へ