2010 5月
もどる
KZ−1

 なんと美しい白花でしょう。何の花かわかりますか?
山野草愛好家垂涎の花、シラネアオイの白花です。希少価値の高い山野草です。
その存在は知っていました。お気に入りリンクで知りました。実物は初めて見ました。
シラネアオイの白花
(※上のロゴををクリック、私のお薦めのホームページ。秋田のことをもっと詳しく
知りたいならこのホームページから。山野草入門2でシラネアオイの白花紹介)

 見慣れたカタクリにも白花があるそうです。まだ、一度も見たことありません。
(※お薦めホームページ:更新情報春爛漫草花・山菜編でカタクリの白花紹介)

KZ−2

 秋田にあるシラネアオイの花は、そのほとんどが淡い紫色をしています。
写真の左側が一般的なシラネアオイの花です。近くの山から採取し、この民家の
庭に移植しています。写真では数株ですが、さらに左右に数十株あります。
他に、クマガイソウなどの蘭もあります。山里に暮らすこの民家の家人が
自分所有の山から採取してきました。希少価値の高い山野草の多くが、よそから
来た心ない人たちによって採取されます。この民家の所有ですから盗掘に
なります。本当は、これらの山野草、自生地にそのままにして置きたいのですが、
毎年のように園芸業者や山菜採りの人たちに根こそぎ持って行かれます。
移植はこれ以上の盗掘を防ぐためのものです。 
 山から採取した白花、移植したもののしばらく花が咲かなかったそうです。
やっと、今年、咲きました。この場所にようやく根付きました。
盗掘がなければ、自生地にそのままにして置きたい花です。

KZ−3
KZ−4

 見頃を迎えたの桃(しだれ桃とハナモモ?)の花です。
ずっと寒い日が続いていたので、あまりの美しさに感動的しました。

KZ−5

 5月に入り、10日以上遅く、ソメイヨシノの花が満開を迎えました。
私の活動的な季節に入り、気持ちはあっちこっち行きたいけど、達成度は
例年のことながら5割も満たされません。
 あっちこっち出かけていたら思わぬ怖いことがありました。
本当にあった怖い話(*_*)(※勇気ある方だけアクセス)
KZ−6

 しだれ桜のシャワーです。しだれ桜の八重咲きでした。種類はわかりません。

KZ−7

 茅葺きの母家と土蔵のある民家です。この地域にあった茅葺き民家の
多くが建て替えやトタン屋根に改修しています。数少ない茅葺き造りです。

KZ−8

 田の神のあるこの場所で、5月に見頃を迎えた桜です。初めてかな?
遅い春でした。県内各地、田起こし、代掻きが始まりました。
早ければ、中旬頃から田植えが始まります。
3月、4月は気温の変動が激しく寒い日が多い初春でした。
慶応4年(明治元年)建立の「田の神」、今年も豊作を祈って帰路にしました。

KZ−9

 大木のしだれ桜、見頃が過ぎて、一部、葉桜です。
5月の連休中に見頃を迎えた県内の桜の名所、あっという間に終わって
しまいました。撮りたい場所がたくさんあって、そう思うのかもしれません。
今年も達成度が5割ほどでした。

KZ−10

 山里のしだれ桃(ハナモモ?)の花、ようやく咲き始めました。
桃の下はシラネアオイでこちらは見頃が過ぎました。
シラネアオイのそばにクマガイソウがり、こちらは、まだ、つぼみでした。
名前の知らない山野草の宝庫です。

KZ−11

田起こしの終えた風景です。田起こしが終って水を引いていました。

KZ−12

 本格的に田植えの準備が始まりました。水を引いた田んぼ、代掻きをしています。
遠くに茅葺き民家と赤い鳥居のある鎮守の杜です。

KZ−13

 白とピンクが混じるハナモモが見頃を迎えました。雪深い山里の遅い春です。
民家の壁に掛けているのは、屋根の葺き替えのための茅です。

KZ−14

 逆さ鳥海です。逆さ鳥海を写しているのは水田です。
代掻きを終えた田んぼです。田植え前の田んぼです。数日間限定の風景です。

KZ−15

 こちらも代掻きを終えた田んぼに写る逆さ鳥海山です。
同じく数日間限定の風景です。

KZ−16

 新緑がまぶしい季節になりました。県内各地、田植えの最盛期を迎えました。

KZ−17

 新緑がまぶしい山里の風景です。淡い緑は、主にブナ、
淡い茶色は主にイタヤカエデです。

KZ−18

 遠くのご婦人、田植えの準備です。手前の黄花の群生はヤマブキソウ?です。

KZ−19

 田植えを終えた田んぼです。ご夫婦で補植していました。
お願いして写真を撮らせて頂きました。機械植えで、倒れてしまった苗を立て直し、
苗の植え込みが足りないところに補植します。地道で丁寧な作業です。
秋田の農家の人は、皆さん、まじめで働き者です。
機械化で、ずいぶん田植えも効率的になりました。農業経験のない方々には
補植などの地道な作業が続けられていることを知ってほしいと思います。

KZ−20

 一休み
山里で見つけた山野草です。図鑑によれば、花の名前はエンレンソウです。
淡い紫の花はキクザキイチゲです。

KZ−21

 一休み
 昔、見たかどうか?記憶がないほど、感動的な出会いでした。
山里で発見したザゼンソウです。
水芭蕉の咲く頃、水芭蕉の群生地の中にポツンと咲いています。
テレビで見ました。カタクリの群生地に咲くショウジョウバカマのようです。
手前のザゼンソウの他、そのまわりも全部ザゼンソウでした。
30株から40株ほどありました。ザゼンソウの群生地です。

KZ−22

 久しぶりのことです。何度か走行している道路でした。きょうは、その道路を
逆方向から走行しました。なんと新たな民家を発見できました。
早速、私の統計に加算されました。

KZ−23

 毎年、季節、季節で、絶対に撮りたい原風景があります。
そのひとつが上の山里の風景です。今年もようやく撮ることができました。

KZ−24

 悩まないことにしました。上の花、花菖蒲?アヤメ?カキツバタ?です。
この花を見ると6月を感じます。梅雨の季節の到来を感じます。

KZ−25

 一休み
5月中旬に撮った写真です。
棚田式の田んぼの頂上部に満開の八重桜です。田んぼはこれから田植えです。
八重桜の見頃にいつも通り過ぎていました。
急ぐ必要もないので車を止めて撮りました。とても癒される風景です。
5月はこれで終了。


もどる