2013 11月 戻る
MZ−1

 稲の天日干しの風景、刈り終わった稲の株から新芽、ひこばえです。

MZ−2

 冬に向かう晩秋、晴天の日が少なくなりました。のどかな田園風景です。

MZ−3

 紅葉が見頃の山里の風景です。
昼を少し廻った時間ですが、手前の田んぼはもう日陰に入っています。

MZ−4

 たくさん実った柿です。渋柿で、干し柿に最適です。

MZ−5

 紅葉している葉は、柿ノ木の紅葉です。

MZ−6

 初夏に咲いて、さらに晩秋に咲いているカキツバタです。毎年、二度、咲きます。

MZ−7

 晴れました。晴れすぎて、朝方、霧が発生しました。晴れるまで待つか?
無風で晴れそうになく、霧の中で撮りました。


MZ−8

 イチョウの紅葉です。昨年来、1年ぶりに訪れました。私のこだわりの一枚で
イチョウの紅葉を楽しみにしていました。昨年は曇り、今年は、霧でしたが、
1時間待ってようやく晴れました。キラキラ輝くこだわりの写真が撮れました。

MZ−9

 どっか古刹の庭園のように見えますが、向こうは茅葺きの納屋です。作業小屋です。

MZ−10

 石灯籠の向こうに納屋です。どこから撮っても紅葉が見事でした。

MZ−11

 小菊と山里の紅葉が見事です。家人が在宅でした。春におじゃまして以来です。
失礼してしまいました、春に撮った写真、忘れて来てしまい、お渡すことができません
でした。また、次回です。

MZ−12

 平野にも初冠雪の季節が到来しました。渋柿のシャワーです。
晴れて、キラキラ輝く風景が撮れました。渋柿のシャワー、たぶん、収穫されず
そのまま野鳥の餌です。

MZ−13

 うっすらと雪化粧した山里の初冠雪です。手前の水たまりは、氷が張っていました。

MZ−14

 初冠雪後のMZ−4です。たくさんあった葉っぱがほとんど落ちました。
わずか10日余り、後の風景です。

MZ−15

 初冠雪後のMZ−6です。初冠雪があってもなんとか咲いています。
本格的な冬を前に大根の収穫をしていました。陽の当たる向こうです。
ご近所付き合いというほどの顔なじみです。たくさん収穫できたからと、なんと
今が旬の大根、3本も頂きました。ありがとうございました。
 春に、農作業中におじゃまして、そのときのご夫婦を撮って、まだ、お渡していません
でした。いつもおじゃましているから、いつでもと思って、やっとお渡すことができました。


MZ−16

 西日本でも初雪があった翌日、秋田も本格的な冬になりました。
いよいよ覚悟の冬です。
 我が町の内陸部で、約5センチほどの積雪になりました。
我が家のまわりも降ったけど除雪するほどのことはありませんでした。
キラキラ輝く白銀の冬景色、しばらく待ったけど、一向に陽が出るような気配がなく
帰路にしました。
 
MZ−17

 やはり、寒々した冬の風景、私のホームページに合いません。
こちらは、初冠雪があった2週間前の風景です。
手前の大根の畑、ここで収穫された大根を頂きました。

 秋田の冬の味覚、鰰(ハタハタ)が産卵のため沿岸部に接岸し、男鹿半島で
初水揚げがありました。そのまま回遊し、我が町にも接岸するのもまもなくでしょうか?
ハタハタを捕るのに一般人でも許される漁法が擬餌針で釣ることです。
この寒空、待ちきれない人が漁港にいました。
釣れたかどうかまで確認できませんでした。晴れて穏やかであれば、老若男女が
どっと押し寄せます。車も人も大渋滞になります。その渋滞が嫌いな人は、夜間に釣り
風雪、風雨があっても、我慢で釣ります。
私はどっちも嫌いなので、晴れたら大渋滞の模様を撮りに行きます。
ハタハタは、たぶん、買います。

戻る