2013 12月
戻る
NA−1

 夕方、12月のおだやかな日本海です。水平線の向こうに見えるのは、ナマハゲで
有名な男鹿半島です。
そして、おだやかな海で、黒っぽく波が立っているのはハタハタの群れです。
おだやかな海面のあっちこっちに見えました。
海が荒れて、海水温が下がる12月、産卵のために沿岸部に押し寄せるハタハタです。

NA−2

 前日のおだやかな波から、きょうは少し荒れています。
ようやく人の数より、押し寄せるハタハタの数が多くなって、人もどっと押し寄せるように
なりました。我が町の港の風景です。昨年は、ハタハタの接岸の時、荒れた日が多く
太公望にとって残念でした。今年のスタートはまあまあです。釣果も豊漁です。
あとは産卵が終わる12月下旬まで天候次第です。大群が押し寄せても天候が
悪ければ釣ることができません。ハタハタは擬餌針でしか釣ることが許されていません。
釣ると言うよりは、針を入れたとき、ハタハタの群れが勝手に針にひっかるような
釣り方です。大群が押し寄せるときは竿を入れたと同時に釣れます。
入れ食いの常態です。押し寄せるハタハタに、釣りの技術はいりません。
若いカップル、老夫婦、老若男女が楽しめます。休日は子どもたちも来るでしょう。

NA−3

 11月下旬の雪景色がうそのようです。渋柿が青空に映えています。
まだ、渋い柿がほとんどです。ある日突然、熟して甘くなった頃に、ムクドリが
やって来て、一瞬にして全部食べられてしまいます。



NA−4

 煙突の煙は、自然再生エネルギーの薪ストーブです。
木っ端仏、円空の彫刻(
2013年9月 MX−19)は、この民家で薪ストーブに
するための桑の木を頂いたものです。


NA−5

 約1年半ぶりにおじゃましました。長くご無沙汰でした。今年、早い時期に
おじゃましたいと計画していましたが、冬の季節になりました。
家人が在宅で、1年半のご無沙汰に、いろいろお話することができました。
 母家の前の池は、枯れることのない豊富な澄んだ水が流れ、一旦、この池で
水を温めてそれから田んぼに入れていました。
その田んぼは数年前に耕作をやめました。


NA−6

 民家の前に広がる空き地は、以前、田んぼだった場所です。
まだ、その田んぼが耕作されていたとき、撮った写真が

2008年6月 CU−4〜CU−6です。
CU−6は,私のお気に入りベストテンで、私の大好きな写真です。
もう、同じような写真を撮りたくても撮れません。田んぼは休耕したままです。

 遠くに雪に覆われた山が見えます。岩手県境にある秋田駒ヶ岳です。
まもなくこの周辺も雪一色になります。

NA−7

  2013年12月をアップして、目出度く11年間、1ヶ月も欠けるなく、
毎月、132ヶ月連続で更新できました。
たぶん、ホームページを始めた1〜2年で、500戸ほどまで撮った茅葺き民家も、
その後、どんどん解体され、今は、300戸ほど現存するでしょうか?
もっと少ないかもしれません。
 
 「田の神」の石碑は、ホームページをスタートしたころからずっと撮り続けています。
石碑の近くにあって、撮り始めた頃、耕作していた田んぼの2枚が休耕田になりました。
たぶん、7〜8年はなると思います。幸いにして、「田の神」の後の田んぼは
耕作しています。早乙女さんが田植え(補植)をしている田んぼです。

 ときどき、休耕田にコスモスを植えている場所もありますが、それは稀で、
休耕田のほとんどは荒れ放題です。里山の原風景が急速に変わった11年間でした。

NA−8

 きょうは、曇りの予報でした。運良く午前中だけ晴れました。自宅から遠くに
鳥海山が見えます。もしかして、久しぶりに鳥海山が撮れるかと思いながら出かけました。
鳥海山の上空は傘雲ような雲、到着までなんとか見えてくれることを祈りながら
車を走らせました。ところが、ところが、だんだん西の方から雲が厚くなり、
なんと無情にも鳥海山の半分より上を覆い隠しました。残念、目的地を変更。

 寒椿(藪椿)が晴天の中、早くも咲きました。咲いているのは南方に面した一部です。
極寒の中で咲くヤブツバキです。茅葺き民家は?ずっと向こうに見えます。見えるかな?



NA−9

 手前の枯れた草は何か分かりますか?2011年8月LT−5が咲いているときの
花です。ウバユリの花です。

NA−10

 茅葺き民家と薪ストーブです。なんとなくほっとする風景です。
灯油の高値が続き、ホームセンターでも薪ストーブの専用コーナーがあります。

NA−11

 未明、しんしんと雪が降ったようです。里山がうっすらと雪化粧しました。
風がなく、地上のすべてものが雪化粧したときの美しさは、秋田の冬の厳しさを
忘れることができる風景です。北国に住む者でなければわかりません。
陽が高くなれば、一瞬にして溶けます。晴れた午前中の限られた時間です。
曇りだった空が晴れて、すぐに車を走らせました。青空と陽の光が射し込み、なんとか
撮れた一枚です。一枚撮ったら、太陽が雲に隠れて、陽射しもなくなりました。
いろんなアングルで撮ることができませんでした。




戻る