2004年1月最新ショット
 元旦、我が町は雪のない正月を迎えました。
そして、晴れました。午後には曇り、夕方には小雨に変わりました。
今年の写真のスタートは、我が町からです。


もどる










AE-1

 竹林の間から見る民家です。竹は孟宗竹です。
日本海側で、私の町が孟宗竹の北限と言われています。


AE-2

 寒椿が咲いていました。自生の椿です。
私の町の里山に多く見られ、群生しています。

AE-3

 欅に囲まれた民家です。築後150年の民家です。
町でもっとも古い民家のひとつです。

AE-4

 秋田の冬に、黄色い花が咲いていました。
雪が少ないせいでしょうか。
たぶん、白菜の収穫後、花が咲いたと思われます。


AE-5

 傾きかけた茅葺きの作業小屋です。後方が母屋です。
このまま修復されず、朽ちるにまかせると思われます。

AE-6

  今冬、ようやく雪のある景色が撮れました。最初の一枚です。

 私のお気に入りのスポットで、四季折々の写真を撮りたいと
思っています。一番、難しいのが冬の風景です。
雪道が恐いです。目的地まで時間がかかります。
素人カメラマンですから、雪や曇天の撮影は不得意です。
同じ場所で、長時間粘ることも不得意です。
冬の夕刻、民家の照明が灯る頃に撮ったら素敵な写真が
できると思います。
青森の佐藤さんのホームページで拝見しました。
いつか、私もチャレンジとは、たぶん、ないでしょう。


AE-7

 煙突から白い煙が出ています。薪ストーブです。
茅葺き民家によく似合います。
灯油タンクがあります。風呂を沸かすためのものでした。


AE-8

  まもなく、解体予定の母屋と作業小屋です。
 秋と冬の風景しか撮っていません。
なんとか、夏が来るまで待ってほしい民家です。

AE-9

 1月◇◇日、大荒れの天気です。
暴風雪波浪、大雪注意報が出ました。
 息子のスポーツ大会で遠征しました。男鹿半島に位置する町です。
目的地までの途中、地吹雪で前方が見えなくなるほど荒れました。
路面は凍結してアイスバーンでした。
 息子の試合まで時間があったので、3年前に撮った民家を
訪ねました。
3年前に確認した5軒のうち、1軒は廃屋になっていました。
海に近いこの付近で、茅葺き民家を維持するのは大変なことです。
秋田県の沿岸部に沿って南から北まで回りました。
私が回った中で、一番西に位置し、海に近い民家です。
だから、撮った写真はとても貴重です。

 


AE-10

 1月◇◇日、くもり時々雪の予報に晴れ間がありました。
元旦に撮ったAE−4の今日の風景です。
手前の朱色の実は唐辛子です。
黄色い花は、寒さと雪で首が垂れていました。


AE-11

 高い位置から撮りました。
写真の左端と右端に茅葺き民家の母屋で、まん中が茅葺きの
作業小屋です。

AE-12


AE-13

 1月◇◇日、朝からおだやかに晴れて絶好の写真日和です。
岩手県境の町まで出かけました。
 上の写真の2枚は、すでに春夏秋の風景を撮り終えた民家で、
この日、ようやく冬の風景を撮ることができました。
他にも通い続けて撮った民家が3箇所ほど加わり、
四季の写真がそれぞれ揃いました。
 この日の撮影は難儀しました。災難続きでした。
田んぼのあぜ道に落ちて、下半身ずぶぬれになりました。
その際、カメラ3台を雪の中にすっぽり落としてしまいました。
幸いカメラは大事に至りませんでした。
冬の寒さが堪えました。その後もぬれたまま撮りつづけました。
撮影を全部撮り終えた帰り道、車がスリップして反対車線を越えて
雪の壁に突っ込みました。対向車がいなくて幸いしました。
車の前面部が破損しました。私は、怪我がなくて幸いしました。 




AE-14

 雪ムロの小山です。12月のショットで紹介した稲わらのムロです。
天然の冷蔵庫です。大根か白菜の貯蔵庫でしょうか。


AE-15

 梅の木の間から撮った写真です。
梅の花が咲く春の風景が楽しみです。


AE-16

薪ストーブの煙突から白煙が出ています。
手前は、ストーブに焚く薪(雑木)です。


AE-17

 茅葺き民家に暮らす人々にとって、茅葺きの屋根の維持管理は
大変なことです。居間から囲炉裏が消えて久しくなりました。
囲炉裏から出た煙・煤が屋根裏まで昇り、屋根裏を燻(いぶ)して
屋根の茅を長持ちさせます。煙や煤は防虫効果もあります。
 上の写真をご覧ください。
この民家でも囲炉裏は使っていません。
薪ストーブからの煙を玄関先の天井付近に出します。
煙は天井付近から屋根裏に伝わります。
煙が屋根裏一面に広がり、屋根の茅を保護します。
わずかな煙の熱が、屋根の雪を溶かします。
 手前の梁にツバメの巣があります。
この民家には、春になるとツバメがやって来て、
巣を作り繁殖します。
とても貴重な写真を撮らせて頂きました。
ありがとうございました。帰りにシイタケを頂きました。
秋田の人の心です。本当に恐縮します。



AE-18

 田んぼのある風景です。たんぼに沢水が入り、
部分的に雪を溶かしています。
田んぼに描く造形が美しい風景です。


 もどる