最新ショット 4月

 もどる










AH-1
 4月◇◇日、春の心地よさを感じる天気です。快晴です。
子育て(卒業式、入学式)が忙しく、20日ぶりの写真です。
末っ子を誘いました。餌(小遣い)で釣ってみましたが
見事に逃げられました(~o~)(^O^)(~o~) 写真も卒業のようです。
妻が同行しました。

 春の心地よさに誘われ、梅の花がようやく咲きました。
梅の花の向こうに茅葺きの小さな作業小屋がありました。
ホームページでも公開しています。
傾いて危険なので解体しました。
茅葺きのある風景がまたひとつ消えました。












AH-2
 同じく梅の花が咲く風景です。まだ、ほとんどがつぼみです。
母屋と作業小屋が茅葺きです。
来年、この民家も河川の改修工事のため解体する予定です。


AH-3
 レンギョウの花の向こうに茅葺き民家があります。






AH-4
 里山では、大輪の白いこぶしの花が咲いていました。
上は、民家の土手で咲くカタクリの花です。
都会人の山野草愛好家にとって、垂涎の花でしょうか。
秋田の里山なら春一番どこでも見られる風景です。


AH-5
 黄色い花は自生の福寿草です。
雪解けの間から芽を出して咲きます。日陰にはまだ雪がありました。
この民家の福寿草の見頃はそろそろ終末です。







AH-6
 福寿草の咲く民家で、クロッカスが見頃を迎えました。






AH-7
 太陽に向かって咲くアズマイチゲの群生です。自生です。
カタクリ、福寿草、アズマイチゲが咲く民家を紹介しました。
秋田に春を告げる貴重な山野草です。大切に守りたい風景です。





AH-8
 秋田新幹線「こまち」と茅葺き民家です。
遠くに雪を抱いた奥羽山脈が見えます。
道路脇に水路があります。田んぼに引くための水路です。
はるか奥羽山脈からの雪解け水です。
驚くほど豊富な水量です。飲んでみたいと思うほどきれいで
冷たい水です。秋田のお米はこのようなきれいな水で
作ります。おいしい「あきたこまち」ができます。
秋田美人を育てるお米です。
四季折々に変化する里山、澄んだ水の流れる小川、
田園の中に静かに佇む茅葺き民家、・・・・・・・・・・
大切に守って、後世に伝えたい風景です。



AH-9


AH-10

AH-11

AH-12
 4月◇◇日、義母が遊びに来ました。
義母が写真に付き合うことになりました。
3人で出かけました。残念です。末っ子は同行しません。
 
 私の町は桜が見頃です。桜を見ながら進路を東にとりました。
日陰の道路脇は、もう消えたと思った残雪がありました。
梅がようやく見頃を迎え、桜はつぼみでした。
結局、桜の咲く茅葺き民家は撮ることが出来ませんでした。
来週です。
梅が咲き、スイセンが咲き、里山でカタクリが咲く写真を撮りました。
おばあちゃんが畑仕事をしていました。
 天候に恵まれた今日は、耕運機で田起こしをしていました。
土を掘り起こして、天日で雑菌を殺します。田植えの準備です。
田植えは5月に入ってからです。

AH-13
 4月◇◇日、仕事で出かけられません。
今日はゆっくり9時半出勤です。
目がさめたら5時でした。晴れていました。落ち着きません。
愛犬の散歩で浜へ行きました。鳥海山が遠くに見えました。
5時半に出発しました。
鳥海山の見える南へ向かえば、桜が咲いているはずです。
到着して、がっかりです。茅葺き民家のところに桜があります。
つぼみでした。このまま帰ったら消化不良になるので
さらに南へ進んでみました。



AH-14
 南へ進んだおかげで、桜が咲いていました。
茅葺き民家と桜と、遠くに鳥海山の見える風景です。
早起きの甲斐がありました。帰路につきました。

AH-15


AH-16

AH-17
 ◇◇日、北風が強くて寒い一日でした。
標高の高い山々は、また、雪化粧しました。
平野部でも、所によって雹やあられが降りました。
 秋田の桜の名所、角館が見頃を迎えました。
早朝、私の町は鉛色の重い雲でした。
角館のある東方も曇りでした。待つことにしました。
10時頃、うっすらと青空が見えました。出発しました。

 前置きが長くなりました。
トップページと上の3枚は同じ場所です。
この写真を撮った時だけ、幸運にも晴れ間がありました。
3月のショットで紹介した民家です。
今年一番に撮りたいと思っていた写真でした。
見事なしだれ桜の大木です。
家人が在宅で、しばしお邪魔させて頂きました。
皇太子殿下が生誕の時に植樹した桜ということです。
自慢のしだれ桜で、NHKで放映されたこともあるそうです。
明治22年の棟札が屋根裏に残る古い民家です。
しだれ桜と共にずっと守りたい民家です。
余談です。写真を撮らせて頂いたほかに、
帰りに旬のおみやげを頂きました。恐縮します。


AH-18

AH-19
 ◇◇日(月曜)、日曜の代休です。予報が良い方に外れ
晴天です。写真に出かけました。角館方面です。
 昨日は、県内各地で雪が降り、ところによって平野部でも
積雪がありました。
花見を楽しみにしていた県民には酷な一日でした。

 先(AH15〜17)に紹介したしだれ桜に続いて、
上の2枚もしだれ桜です。同じ場所の近景と遠景です。
AH19の手前の大木もしだれ桜です。
まだ、つぼみです。全部咲いたら、さぞ、見事でしょう。
こちらの休みに合わせて満開になることを祈ります。



AH-20

AH-21
 八重桜と曲家です。鯉のぼりと曲家です。
三世代が暮らす民家です。







AH-22
 AH18の写真を夢中で撮っていたら、
なんと、私の後で、牛さんがモーモーと呼ぶではありませんか。
「おらの写真も撮ってくれー」と (~o~)(^O^)(~o~)
ハイポーズで撮ってあげました。大喜びしていました(~o~)
牛さんの後方も茅葺き民家です。
なんとも心が安らぐのどかな田園風景です。



AH-23


AH-24


AH-25


AH-26


AH-27


AH-28


AH-29
 ◇◇日、みどりの日。広葉樹が新芽を出し、
ようやく里山が淡い黄緑に染まってきました。
里山の近くでは山菜採りの車がたくさんとめてありました。
秋田の風物詩です。
田んぼに水を引いて早くも田植えの準備をしているところも
あります。5月の連休中に田植えが始まるのでしょうか。
東に向かうに従って、まだ、田起こしも終えていない田んぼが
あります。

 桜の咲く風景を求めて、26日とほぼ同じコースで回りました。
しだれ桜が満開を迎えました。見事でした。
 残念です。きょうは牛さんがいませんでした。
その分、茅葺き民家の方々と話すことができました。
もう、皆さんと顔なじみです。
写真は、すべてがオートまかせの私です。
写真はそこそこに。
終われば、そこで暮らす方々との楽しい会話が待っています。
私の至福の時間です。

 数カ所で、何人かの写真愛好家といっしょになりました。
私のカメラが見劣りするほど、皆さん高級カメラでした。
なぜか民家の方々と話す人は誰もいませんでした。
会話どころではないという感じでした。
写真コンテストに応募するんでしょうか。
 
 コンテストに無縁の私です。
4月は全部で29枚の画像を紹介しました。
それでは、5月をお楽しみに。

  もどる