2005年 1月

もどる


AQ−1

AQ−2


AQ−3

 1月◇◇日、厳寒の中、出かけました。道路に雪があります。
断続的に雪が舞い、雪雲の間から、一瞬、太陽がのぞく天気でした。
昨年、雪道でスリップして道路脇の雪面に突っ込み、痛い目に遭いました。
結局、遠出はやめました。

 我が町の茅葺き民家です。
片中門造りの民家です。つららが垂れ下がっています。
一瞬の太陽が照らす時を待って撮った画像です。
遠出しないので、1時間半ほどがんばりました。
冬でも上に着るのは3枚の私です。さすがに寒くて帰りました。


AQ−4
H16.4.
撮影

AQ−5

 方向を変えて撮りました。我が町に残る唯一の茅葺き民家の集落?、貴重な風景です。
梅の咲く春が待ち遠しい季節です。



AQ−6


AQ−7


AQ−8


AQ−9

AQ−10


AQ−11

  1月◇◇日、おだやかな一日でした。夕方、犬をつれて浜辺を散歩しました。
 厳寒の冬、サーフィンを楽しむ数人の若者がいました。
 秋田県内で、サーフィンのできる砂浜として、季節に関係なく1年中、サーファーがいます。
 海育ちの私には、なんとも誘惑する光景です。
 若者に聞きました。寒くないかと。やはり、寒いそうです。でも、スノーボードより、楽しいとの事。
 冷えた体は、近くにある「道の駅」の温泉で暖めます。
 一年中、サーフィンができて、温泉のある我が町の紹介でした。
 
  本題です。
  1月◇◆日、昨日に続いて今日もおだやかな天気でした。予報は曇りです。晴れ間がありました。
 東に向かいました。道路が一部アイスバーンでした。昨日、溶けた雪が朝方の冷え込みで凍りました。
  
  目的地は我が家からもっとも遠く、東にある民家です。岩手県境のふもとです。
 途中、寄り道しました。。AQ−6からAQ−9までの画像です。
 目的地までは、まだ、1時間以上かかります。
 目的地の途中で曇天になったら引き返すつもりでした。晴れ間が長続きしません。
 こちらの期待に背いて太陽が見え隠れします。
  目的地が近づくにつれて、雪が深くなります。道路脇の雪壁が高くなります。
 昼近くにようやく到着しました。水板倉のある民家です。豪雪でした。
 太陽が微笑んでくれました。お気に入りの写真がたくさん撮れました。
  一家総出で、屋根の雪下ろしをしていました。大変な作業です。
 トタン屋根に比べて屋根の傾斜があるにもかかわらず、すべり落ちません。
 囲炉裏で薪を燃やしていた時代は、その煙と熱が屋根裏に伝わり、屋根の雪を溶かしました。
 囲炉裏は一家団らんの場でした。茅葺き民家に囲炉裏があった時代の話でした。
  いつまでも写真を撮り続けたいと思いましたが、
 雪下ろしのときにおじゃましてしまった非礼をお詫びして帰路につきました。


AQ−12

  水板倉のある民家です。帰路に撮りました。後方の山々が奥羽山系で、岩手県境です。

AQ−13

AQ−14

  水板倉の帰路、立ち寄った民家です。ホームページで何度も紹介した民家です。
 冬の風景が撮れました。この民家の四季の風景が完成しました。
 冬囲いは茅(ススキ)です。屋根の葺き替えのための茅です。
   

AQ−15

  4世代が暮らす8人家族の民家です。外で、この民家の子供たちが元気に遊んでいました。
 秋田の冬の風物詩、かまくらを作って遊んでいました。
  家人としばらく語りました。8人の大家族で、皆さんとてもお元気です。
 昔は、どこにでもあった理想の家族の光景がありました。

 ※【画像を小さくしてあります】


AQ−16

AQ−17


AQ−18


AQ−19


AQ−20

 1月◇◇日、先週に引き続いて出かけました。息子を誘いました。断られました。友だちと遊びます。
妻を誘いました。忙しいからと断られました。というわけで、今回もひとり旅です。
冬の写真は家族からも人気がありません。

 上の5枚の写真、一枚一枚が、時間をかけて、難儀して撮った写真です。
雲の間から見え隠れする一瞬の太陽の日差しを待って撮りました。
寒い中で、待つことは根気がいります。根気で撮った写真です。
 下の写真は、私の車です。道路脇の雪壁をご覧ください。
車の高さと同じか、少し高い位置です。この高さは田んぼに積もった雪と同じ高さです。
写真を撮る場所までは、雪を漕いで到達しました。
雪がパウダースノーのため、かんじきを履いても長靴が深く沈みます。
 昨年は、田んぼの水路に落ちてびしょぬれになりました。
冬の田んぼは、雪の下の状況がわかりません。田んぼに水を引く水路は要注意です。

 難儀して撮った写真です。じっくりご覧ください(~o~)


AQ−21


AQ−22

 笑顔の若者たちをご覧ください。いい笑顔です。いい写真です。
茅葺き民家の前で、元気に雪遊びをしていた若者たちです。こちらの求めに、笑顔で応えてくれました。
若者たちの笑顔を見ていたら、とても清々しい気持ちになりました。
今度、訪ねたとき、大きな写真にして差し上げます。

※【画像を小さくしてあります】




もどる