2014 1月
トップ へ
NBー1

 明けましておめでとうございます。私に変わって、昨年1年間、私が作った作品群が
ご挨拶します。皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
 一番、大きなものは、円空の模刻、円空の最高傑作と言われる両面宿儺座像です。
正面も右斜めも憤怒の形相の中に微笑みを浮かべています。
玄関に飾っています。我が家の守り神か?
他の作品と同じく、いずれ、他へ行くかも?今年、2作目にチャレンジです。

NBー2

 2014年1月のスタートです。
12年目のスタートです。私のパソコン古く、OSはウインドウズXPです。
このまま使いたいけど、使えません。ホームページソフト、写真編集用ソフトの他
多くのソフトがウインドウズXPで起動します。新しいOSに対応していません。
そのため、パソコンの他、現在まで作成したホームページを転用しようと思えば、
新バージョンのホームページソフト購入が必要です。
ホームページを閉じれば簡単なことで、その結論はもうちょっと先にします。

 さて、今年、最初は、我が家から車で10分のいつもの民家です。
1月の秋田、晴れの予報など期待できません。 強風で、早い雲の流れの一瞬にある
晴れ間がチャンスです。問題は、晴れ間が一瞬しか続かないことです。
その一瞬を逃したら次が予測できません。我が家から空を眺めて、晴れ間が現れたときが
チャンスです。西から東に流れる雲と競争です。もちろん、雪道だからスピード控え目、
安全運転です。
 柿がすっかり熟していました。このアングルで、昨年12月からずっと紹介してきました。
2014年、新年の風景です。熟した柿は野鳥のムクドリに食べられずそのまま残っています。
人が食べてもおいしいけど、今どきの人たちが食べることはありません。

NBー3

 一瞬の晴れ間が雲で隠れます。もう、民家の向こうの空は鉛色です。
なんとか民家と熟した柿の木だけ、陽が当たる写真が撮れました。

NBー4

 きょうは、高気圧が本州付近をすっぽり覆って、全国的に晴れの予報です。
ところが、秋田の予報は曇りです。山形付近まで晴れています。高気圧の中心からいくらか
ずれているけど曇りの予報に、納得できません。
朝方の冷え込みと寒気のせいか、全天曇り空で、濃霧注意報が出ています。
 ネットで、ひまわり画像を見たり、アメダスで日照等を確認したりで、メッショ予報により
時系列の予報を確認しました。いずれも秋田の予報は曇りで晴れは期待できそうに
ありません。
 予報を信用しないで、高気圧の中心であることを期待して出かけました。
山形県まで晴れているから県境付近の鳥海山が晴れているかもしれません。
一路、鳥海山を目指しました。向かう途中から鳥海山が見えてきました。
すそ野だけ見えます。頂上は厚い雲に覆われています。もしかして、雲が解消することを
期待して進みました。1時間走って鳥海山を見たら相変わらず厚い雲です。
無念の帰路か?諦めるか?と、思っていたら雲の間から陽射しが差し込んできました。
撮影スポットを変え、さらに太陽が完全に顔を出すまで、田んぼ中で30分待ちました。

 雪景色が眩しいほど陽が差してきました。キラキラ輝く白銀の世界です。
贅沢を言えば、茅葺き民家の後方の杉林に、もっとパウダースノーが欲しいと思いました。


NBー5

 屋根の軒下にツララが垂れ下がっています。家の周りに立て掛けてあるのは、
今年、葺き替えのために刈り取った茅(ススキ)です。


NBー6

 赤い実は、難を転ずる南天です。家人に聞いたら、植えた記憶はなく、いつのまにか
根付いたそうです。
 しばらくご無沙汰してしまい、ご挨拶しました。
1昨年の秋、撮った写真をようやくお渡しすることができました。彼岸花が咲く頃に撮影した
数枚でした。

NBー7

 なんと厳寒の中、寒椿が咲いていました。椿の種類はわかりません。
蕾がたくさんある中で、数輪咲いていました。

NBー8

 写真を撮っていたら、陽射しに誘われ、おじいちゃんに手を引かれ、お孫さんが
お散歩です。しばしお話することができました。
 私が写真を始めた頃、この地域には、まだ、10数戸の茅葺き民家が残っていました。
年々減り続け、今では、片手で数えても指が余ります。

NBー9
NBー10

 毎日、雪模様です。ときどき吹雪模様です。我が家は、今のところ、例年並みの積雪で、
屋根の雪下ろし、除雪などで、さほど苦労はありません。
全県でみれば、平年の3倍も積雪があるそうです。雪下ろしや除雪の事故も多発して
います。内陸部で、どれほどの積雪があるか想像できません。想像を絶するほどの積雪が
あると、内陸部出身の方が教えてくれました。
晴れたら出かけますが、
毎日、雪模様で遠出はしていません。
 
 雪模様の日々でも、自宅にいて青空が見れば出かけます。雪道、安全運転で10分走れば
我が町のスポットに到着です。私の背に、太陽が見えている間、撮影のチャンスです。
時間にして5分か10分のチャンスです。NB−10は、雪模様の中で撮ったものです。

NBー11

 手前左側、常緑のユズリハの葉がキラキラ輝いています。
ここでも一瞬の晴れ間で撮りました。



トップ へ